委託研究・・試験・設備利用のお問い合わせ
DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

HYGE衝撃試験装置

衝突時の加速度や衝撃を台上で再現

HYGE衝撃試験装置この衝撃試験装置(HYGE)では車両の衝突現象を台上でシミュレートすることができます。
1975年に完成したこの装置は、衝撃力を発生するジェネレータ及び試験車に相当する台車(スレッド)などで構成されており、スレッドを高圧で打ち出すことにより衝撃を加えるしくみになっております。

仕様
最大加速度 50G(持続時間97ms、最高速度106km/h)
供試品560kg
24G(持続時間138ms、最高速度74km/h)
供試品2,300kg
最大供試重量 2,300kgf
最大推力 102ton
衝撃波形 半正弦波および台形波

主な試験項目

  • シートベルトの性能試験
  • チャイルドシートの性能試験
  • エアバッグの性能試験
  • 通信機器、計測機器他の耐衝撃性試験

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ