DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20130806 解説
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

燃料電池自動車用水素性状に係る国際標準化について
International Standardization for Hydrogen Quality for Fuel Cell Vehicles

富岡 秀徳
Hidenori TOMIOKA

燃料電池自動車(FCV)用の燃料仕様の国際標準化については,2003年より活動を開始し,国際間の研究協力を通じ国際規格(International Standard: IS)発行を目指して進めてきた.2003年10月にFCV用の燃料仕様に関する日本提案が承認され,日本より議長(高木靖雄名誉教授/東京都市大学)を選出し,ISO/TC197(水素技術)/WG12(FCV用水素燃料仕様)が発足した.この提案は,NEDO事業にて,一般財団法人日本自動車研究所(JARI)が実施した水素燃料中の不純物の燃料電池に及ぼす影響について検討した試験結果1) を基に作成されたものである.参加各国の熱心な審議を経て,2008年3月に技術仕様書(Technical Specification:TS)が発行され,さらに,各国との研究協力,国際審議の結果,2012年12月にISの発行に至った.
 本解説では,TS及びIS発行に至る経緯に触れ,その審議の動向,進捗について述べるとともに,その後のIS改定に向けた取り組みについて概説する.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20130806 解説

発行年月 / Date of Issue

2013/08

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy

分野詳細 / Detailed Field

環境・エネルギ
ID:198
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ