DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20130709 技術資料
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

エコドライブによるCO2低減効果評価(第2報)-走行挙動変化を伴うITS施策の評価-
The Test Drive of The Electric Full Trailer

林 誠司,金成 修一,木村 真,中野 麻耶,米沢 三津夫,平井 洋
Seiji HAYASHI,Shuichi KANARI,Shin KIMURA,Maya NAKANO,Mitsuo YONEZAWA,Hiroshi HIRAI

自動車交通分野の二酸化炭素(CO2)削減方法には,燃費改善などの自動車単体対策,交通流対策のほかに,エコドライブなどの走行方法改善が挙げられる.わが国では官民を挙げた取り組みにより,職業ドライバーだけでなく一般ドライバーに対するエコドライブの普及促進が進められている.
 エコドライブを含めたCO2低減施策の効率的運用には,施策導入前に効果評価を行い,その効果を事前に把握しておくことが重要となる.このため,平成20年度からの5ヵ年で,独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施したエネルギーITS推進事業の一環として,「国際的に信頼される効果評価方法の確立」プロジェクトが実施され1),ITS施策による自動車CO2低減の効果を評価するツールが開発された.このツールは,日米欧の研究者の合意を得た要件を満たすものである.
 前報2)では,種々のエコドライブの紹介,上述した効果評価ツールのうち,自動車CO2排出量推計モデルの紹介,および,エコドライブの一種であるeスタートの効果評価事例について報告した.
 本報では,推計精度向上のための自動車CO2排出量推計モデルの改良と,これをもちいたエコドライブおよびエコルートのCO2低減効果評価結果例について報告する.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20130709 技術資料

発行年月 / Date of Issue

2013/07

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy

分野詳細 / Detailed Field

環境・エネルギ
ID:3
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ