DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)安全/Safety

資料名 / Title

JRJ20130703 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

ASV技術の効果予測に関する研究-夜間視界支援装置の効果予測-
Evaluation of Driver-Support Systems for Advanced Safety Vehicles -Effectiveness of Night-Vision Enhancement Systems-

本間 亮平,菊地 一範,若杉 貴志
Ryohei HOMMA,Kazunori KIKUCHI,Takashi WAKASUGI

国土交通省の第4期ASV(Advanced Safety Vehicle)推進計画における先進安全技術の普及促進活動の一環として,ASV装置の導入効果をわかりやすく示すために,各予防安全装置の事故低減効果予測を実施した1).効果予測では,これまで発生していた事故のうち,仮にASV技術が搭載された車両であれば,どの程度の事故が防げたかという考え方のもと,事故低減件数を推定している.その中で,装置が危険状況を検出できる割合(検出精度)など一部のパラメータを,経験や仮定に基づいて設定している.しかしながら,支援を提供されたドライバの対応行動については,ドライバ特性や運転環境などの各要因が影響するため,一義に決めることが難しい.そのため,代表的な支援場面におけるドライバ対応行動を実験的に調査し,ドライバが適切に対応し,狙い通りの効果が期待できる割合(支援有効率)を推定する必要がある.本稿では,夜間における対歩行者事故防止を狙いとする夜間前方視界情報提供装置(以下,「暗視カメラ」という)および夜間前方歩行者注意喚起装置(以下,「夜間歩行者警報」という)の支援有効率を検討した結果を述べる.
This study sought to clarify the driver's effective response rate when using a driver-support system for Advanced Safety Vehicles (ASVs). The Night-Vision Enhancement System (NVES) is an ASV technology for providing visual information to prevent hitting pedestrians due to poor visibility at night. In this study, a driver's response to the NVES was examined on a test course using an instrumented vehicle. The experiment clarified the driver's effective response rate when using NVES.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20130703 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2013/07

分野 / Field

安全/Safety

分野詳細 / Detailed Field

安全
ID:57
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ