DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)安全/Safety

資料名 / Title

JRJ20131001 技術資料
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

路線バスにおける車いす乗客の乗車方法に関する検討-乗車時間と乗車介助作業性の調査-
Consideration for Method of Wheelchair Boarding and Securement on Public Bus-Investigation of boarding time and workability of boarding assistance-

石井 充、鮏川 佳弘、岡野 俊豪
Mitsuru ISHII,Yoshihiro SUKEGAWA,Shungo OKANO

「高齢者,障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)」および関連するガイドライン等により,公共交通のバリアフリー化が促進されている.公共交通の一つである路線バスにおいては,乗降の利便性を目的に低床化を実現したノンステップバスの導入が進んでおり,「平成32(2020)年度末には普及率70%」の目標が掲げられている.
バリアフリー化に伴って,多くの路線バスの車内には,車いすを利用する乗客(以下,「車いす乗客」という)用の乗車スペースが設けられており,乗降車用のスロープ板と床に車いすを固定するためのベルトが装備されている.車いす乗客が路線バスに乗降車する際には,バス運転者によるスロープ板の設置が必要であり,また,乗車後には車いすを床に固定する必要がある.このように,車いす乗客の乗降車には,ある程度時間が必要とされるため,公共交通機関の車両等に関する移動等円滑化整備ガイドラインには,より望まれる方向として,容易に操作できるスロープ板の導入や車いす固定の迅速化が挙げられている.
以上の背景をもとに,車いす乗客が路線バスに乗車する際の時間短縮およびバス運転者が行う乗車介助作業の作業性向上を目的とした車いす乗客乗降車用スロープ板と車いす固定装置について,乗車時間と乗車介助作業性の比較調査を実施した.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20131001 技術資料

発行年月 / Date of Issue

2013/10

分野 / Field

安全/Safety

分野詳細 / Detailed Field

安全
ID:6702
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ