DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20170603 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

ヒト気道上皮細胞におけるトルエンおよびキシレン由来二次粒子曝露の影響
Effects of Exposure to Secondary Organic Aerosols Generated from Toluene and Xylene on Human Airway Epithelial Cells

細谷 純一,萩野 浩之,伊藤 剛
Junichi HOSOYA,Hiroyuki HAGINO,Tsuyoshi ITO

近年の排出ガス規制強化・対策技術の進歩により自動車排出ガスは大幅に低減され,ほとんどの自動車排出ガス測定局において浮遊粒子状物質(SPM)の環境基準を達成している.その一方で,2009年に環境基準が制定された微小粒子状物質(PM2.5)に関しては,基準未達の観測局も散見されている.PM2.5に関しては,特に二次粒子の寄与率が高いことが注目されている.二次粒子は,主として揮発性有機化合物(VOC)等が光酸化反応されることにより生成される.この反応の際,二次粒子自身が酸化能を有することが指摘されており,その酸化能が生体において酸化ストレスや炎症を誘発することが懸念される.しかしながら,実験的に生成した二次粒子が酸化ストレスや炎症を誘発するか,あるいは前駆物質であるVOCの種類により,生成される二次粒子の性質に違いがあるか否かについて検討した報告はほとんどない.
 本研究では,二次粒子による酸化ストレスおよび炎症応答に関する影響の把握を目的に,ヒト気道上皮細胞を用いて,二次粒子の構成成分処置,二次粒子の捕集抽出物処置,二次粒子の直接曝露,を実施した.
In order to understand the effect of secondary organic aerosols (SOAs) on induction of oxidative stress and inflammatory responses, we analyzed gene expression and protein production in human airway epithelial cells treated with some chemical components of SOAs, soluble extracts of SOAs and direct exposure to SOAs. As a result, it was suggested that treatment of epithelial cells with chemical components and soluble extracts of SOAs induced oxidative stress and inflammatory response. However, the effects differed with the type of chemical components and precursors of SOAs. Direct exposure of SOAs had no obvious effect on induction of oxidative stress and inflammatory responses.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20170603 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2017/06

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6919
 

▲ページトップへ