DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20170601 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

燃料電池二輪車における水素漏洩検知の有効性
A Study on the Effectiveness of Hydrogen Leakage Detection for Hydrogen Fuel Cell Motorcycles

前田 清隆,田村 陽介
Kiyotaka MAEDA,Yohsuke Tamura

 次世代の環境対応車のひとつである燃料電池自動車は,2014年12月に世界で初めて四輪の量産車の発売が開始された.四輪の燃料電池自動車(以下,FCVという)は,道路運送車両法の別添100において,原則として水素容器から燃料電池スタック(以下,FCスタックという)の間に少なくとも1個の水素ガス漏れ検知器を設置するように規定されており,水素ガス漏れを検知した際には運転者に警報を行うとともに,水素ガスの供給を遮断することが規定されている.また,世界統一基準(Global Technical Regulation No.13)においても,水素濃度が3±1 Vol.%を超えた場合は遮断弁を自動的に閉じる機構を備えることが規定されている.
 一方,燃料電池二輪車(以下,FC二輪車という)はFCVと異なり,四輪のガソリンエンジン車のエンジンコンパートメントに相当する半閉鎖空間がほとんどなく,二輪のガソリンエンジン車と同様に停車時や走行時には転倒する可能性もある.このような特性を持つFC二輪車においても,FCVと同様に,水素ガス漏れ検知器の設置により水素の漏洩を検知することが可能であるのか,さらには,FC二輪車の水素漏洩によるリスクが評価された報告は見当たらない.
 本報では,FC二輪車の各部位に設置した水素漏れ検知器により水素漏洩を検知できるのか,また,検知できる場合はどこが検知部位として的確かを調べるため,水素濃度計測を実施するとともに,FC二輪車の水素漏洩によるリスクを評価するために着火試験を行い,水素漏洩の検知によって水素ガスの漏洩を遮断する機構の設置が有効であるかを考察する.

Unlike four-wheel fuel-cell vehicles, fuel-cell motorcycles have little semi-closure space corresponding to the engine compartment of four-wheel fuel-cell vehicles. Furthermore, motorcycles may fall while parked or when running. We conducted hydrogen concentration measurement and ignition tests to evaluate the feasibility of detecting leaks when hydrogen gas leaked from a fuel-cell motorcycle, as well as the risk of ignition. We found that installation of hydrogen leak detectors is effective because it is possible to detect minute hydrogen leaks by installing leak detectors at appropriate points on a fuel cell motorcycle, and risks can be reduced by interrupting the hydrogen leak immediately after detection.

種別 / Article Type

JARI Research Journal

資料名 / Title

JRJ20170601 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2017/06

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6921
 

▲ページトップへ