DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20170704 調査資料
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

微小粒子状物質(PM2.5)中のn-アルカンに関する文献調査
Literature Research of n-alkane in Fine Particulate Matter (PM2.5)

須藤 菜那
Nana SUTO

 大気汚染物質のひとつである微小粒子状物質(PM2.5)は,呼吸器や循環器など人体への健康影響が懸念されている.また,PM2.5の環境基準値は未達成であり,効果的な環境対策を行うためにはPM2.5の詳細な成分情報が必要である.
 PM2.5の約3割を炭素成分が占めており,特に有機炭素は発生源から直接排出される一次粒子と揮発性有機化合物(VOC)などが大気中で反応してできる二次粒子の両方を含んでいる.さらに,有機炭素は数百から数千種類以上の化合物から形成されており,成分の実態が解明されていないのが現状である.有機炭素の中でも主要な成分であるn-アルカンは,大気中での反応が比較的遅く,人為起源と植物起源を推定する有用な指標である.
 そこで本稿では,PM2.5に含まれる有機炭素の主要成分であるn-アルカンに着目し,分析方法,起源同定のための指標化,また安定同位体を用いた技術について文献調査を行った.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20170704 調査資料

発行年月 / Date of Issue

2017/07

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6924
 

▲ページトップへ