DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20200301 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

光化学オキシダントに対する発生源感度解析の適用
An application of sensitivity analysis of the emission sources for photochemical oxidants

伊藤 晃佳,森川 多津子,早崎 将光
Akiyoshi ITO,Tazuko MORIKAWA,Masamitsu HAYASAKI

 光化学オキシダント(以下,光化学Ox)は,二酸化窒素(NO2)や揮発性有機化合物(VOC)といったガス状物質を前駆物質として,大気中での化学反応によって生じる大気汚染物質であり,健康影響の観点から,大気環境基準が設定されている.光化学Oxの大気環境基準は1973年に設定されたが,今日まで,大気環境基準達成率はほぼ0%で推移しており,現在,国や地方自治体を中心に,前駆物質の発生源対策と光化学Ox低減の効果などが検討されている.大気中での光化学Ox濃度は,各発生源からの前駆物質の排出量や大気中での光化学反応,気象要因など,様々なメカニズムが影響するため,光化学Oxの低減効果の評価には,これらのメカニズムを考慮することができる大気シミュレーションの活用が有効である.近年では,効果評価の政策判断に,大気シミュレーションを活用する例が増えているが,一方で,現状の大気シミュレーションでは,光化学Ox濃度の現況再現性が十分とは言えず,改善が必要である.
 本研究では,光化学Ox濃度の大気シミュレーションでの計算結果を観測結果と比較することにより大気シミュレーションの現況再現性の確認を行い,光化学Ox濃度を対象とした大気シミュレーションの現況再現性改善の方向性を検討した.また,光化学Oxに対する各発生源の感度を試算した.

In this study, we confirm the reproducibility of an air quality model by comparison with observations and discuss the improvement of the reproducibility of photochemical oxidant (Ox) concentrations. We also calculate the sensitivity of each emission source to Ox. The improvement of the underestimation of NOx and NMHC is appropriate for Ox and the emission increases, the reaction model improves and the spatial resolution improves. In the case of Ox, since it has a negative source sensitivity, it is necessary to apply it to a limited range such as application to the daily-maximum concentration of Ox. Only when the concentration of photochemical Ox was high, the source sensitivity to photochemical Ox was calculated and it was found that all sources had almost the same source sensitivity.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20200301 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2020/03

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:8062
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ