DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

「圧縮水素自動車燃料装置用継目なし容器の技術基準 JARI S 003 (2018) 」の制定
Establishment of the "Technical Standard for Seamless Containers for Compressed Hydrogen Vehicle Fuel Devices JARI S 003 (2018)"

冨岡 純一,増田 竣亮,田村 浩明
Jun-ichi TOMIOKA,Shunsuke MASUDA,Hiroaki TAMURA

 一般財団法人日本自動車研究所 (以下「JARI」という) は,「圧縮水素自動車燃料装置用継目なし容器の技術基準 JARI S 003 (2018)」(以下「JARI S 003」という) を制定した.本基準は最高充填圧力を35 MPaとする圧縮水素用金属製継目なし容器 (以下,「Type 1容器」という) の技術基準であり,主にフォークリフト等の燃料電池産業車両への搭載が期待され,それらの普及・拡大により水素社会の更なる発展に貢献するものである.
 本稿では,JARI S 003の制定の経緯および概要について紹介する.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20191201 研究活動紹介

発行年月 / Date of Issue

2019/12

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:8059
 

▲PageTop