DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

予防安全アセスメント試験

自動車ユーザーが安全な自動車を選択できる環境をつくり安全な車の普及を図るため、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構により、自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program)が行われています。この自動車アセスメントは、1995年から実車衝突試験に基づく安全性能評価結果の公表をスタートし、その後、評価試験の追加や見直しが行われています。

2014年度からは、新たに予防安全性能アセスメント試験として、衝突被害軽減制動制御装置(AEBS:Autonomous Emergency Braking System)及び車線逸脱警報装置(LDWS:Lane Departure Warning System)の2つの装置についてのアセスメントが開始されました。

JARIでは、独立行政法人自動車事故対策機構の委託を受け、自動車アセスメント試験の試験機関として1995年のフルラップ前面衝突試験開始から各種安全性能試験を実施しています。

予防安全アセスメント

衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)搭載車両の普及が進む中で、JARIでは、AEBS[対車両]評価試験を行うため試験用ターゲットと牽引走行装置を用いた試験を開始しました。

予防安全アセスメント

AEBS評価試験

衝突被害軽減ブレーキ機能や衝突警報(&緊急ブレーキアシスト)機能は、衝突回避あるいは衝突速度の低減性能により評価されます。AEBS性能は、前方の低速車両への接近を想定した移動ターゲット試験(CCRm:Car-to-Car Rear Moving)、停止車両への接近を想定した静止ターゲット試験(CCRs:Car-to-Car Rear Stationary)により評価されます。

AEBS評価試験

 

移動ターゲット試験(CCRm) 静止ターゲット試験(CCRs)

試験用ターゲット

試験用ターゲットは、空気で膨らませたバルーンに自動車の外観をプリントしたカバーを被せる構造で、リフレクタも備えており、レーダー等の各種センサーに対して実車と同等の被検出特性を示す設計になっています。

試験用ターゲット<   試験用ターゲット<

自動運転ロボット装置

自動車アセスメントでは、再現性の高い試験結果を得るために、速度は試験車速+1km/h以内、コースからの横ずれは±10cm以内など高い試験精度が求められます。このため、自動運転ロボットも導入しています。

自動運転ロボット装置   自動運転ロボット装置

▲ページトップへ