DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

「ITS産業動向に関する調査研究報告書」 2015年版

 
ITS産業動向に関する調査研究報告書
- ITS産業の最前線と市場予測2015 -
(A-4判 234頁)
一般頒布価格 10,000円(消費税別)、5冊以上一括購入の場合は1冊6,000円 (消費税別)
JARI賛助会員価格 5,000円(消費税別)、5冊以上一括購入の場合は1冊3,000円(消費税別)

 
  • 各方面でご活用いただいている「ITS産業動向に関する調査研究報告書」の2015年版
  • ITS全般を幅広く網羅的に調査、アナリストとエンジニアによる共同分析
  • 自動運転やビッグデータ、カーシェアリングなど最新の動向も分析

 自動車がもたらす交通事故や環境汚染などの問題を解決するとともに、超高齢社会を迎えた日本において、高齢者のモビリティ低下や物流業界のドライバー不足などの問題に対処するため、自動走行システムの実現に大きな期待が寄せられている。

 一昨年、安倍内閣から日本経済の再生に向けた「成長戦略」が打ち出され、さらにその戦略を受けてIT関連の戦略や施策が掲げられている。交通分野においては「世界最先端IT国家創造」宣言にて、世界で最も安全で環境に優しく経済的な道路交通社会を実現する」ため、安全運転支援や自動走行システムの開発・実用化や、交通関連の様々なデータの利活用の促進が示され、ITSの活用に期待が寄せられている。

 本年の調査では、こうした動きを受けて、自動走行やビッグデータについてさらに重点的に調査、日本や海外の動向も含めて分析を行った。既に技術開発やサービス展開が活発に行われている自動車の情報提供システムや安全運転支援システムについては、今後の方向性を分析。また、急速に市場を伸ばしつつあるカーシェアリングに着目し新たな調査項目とした。

 本報告書が、今後の市場を俯瞰・分析するための資料として、ITS関係者にお役立ていただき、さらにITS産業発展に貢献することができれば幸いである。


 

2015年版報告書の特長

  • 自動走行システムの国内外での取組みについて網羅的に紹介。実用化にむけた技術的な課題や、人間と機械との役割分担について、自動走行のレベル毎に整理を行った。また、今後、実用化に向けて、自動走行システムが社会に受け入れられ、有効に活用されていくための非技術的な課題を整理して紹介。
  • 自動車が様々なメディアと繋がり、様々なデータのやり取りをするための自動車のセキュリティビッグデータやプローブ情報の活用について、その開発状況や標準化の動向、最新の動きについて米国、日本の動きを併せて紹介。
  • 自動車所有における価値観や社会情勢の変化などを受けて各国で拡大しているカーシェアリングに着目。従来のラウンドトリップ方式に加えて、利用者の利便性の向上に繋がると期待が大きいワンウェイ方式の日本の実証実験の概要や、今後の普及に向けた課題についての分析。

お申し込み

購入申し込みフォームに必要事項を入力して、送信願います。

お問い合わせ

一般財団法人 日本自動車研究所 ITS研究部 國弘まで
〒105-0012 東京都港区芝大門1丁目1番30号(日本自動車会館12階)
TEL 03(5733)7924   FAX 03(5473)0655

目次

  • はじめに
  • 第1章 調査研究の概要
    • 1.1 目的
    • 1.2 調査方法
    • 1.3 調査内容
  • 第2章 ITS産業を取り巻く環境
    • 2.1 国内景気の動向
    • 2.2 日本の自動車市場の変化
  • 第3章 ITSに関する主な国家施策
    • 3.1 IT総合戦略本部の取り組み 
    • 3.2 総合科学技術会議、SIPの取り組み
  • 第4章 自動車の情報提供システムの動向 
    • 4.1 スマートフォンを活用するナビシステムの動向とその影響 
    • 4.2 据付カーナビとPNDの国内市場動向 
    • 4.3 据付カーナビの世界市場動向 
    • 4.4 情報提供に係るHMIの動向
    • 4.5 スマートフォンとの連携規格について
    • 4.6 VICS WIDEサービス
  • 第5章 協調ITSの動向
    • 5.1 ETC2.0
    • 5.2 次世代UTMS
    • 5.3 民間の取り組み 
    • 5.4 協調システム普及に向けた課題 
  • 第6章 自律型安全運転支援システムの動向
    • 6.1 自律型安全運転支援システムの普及動向
    • 6.2 安全運転支援システムのセンサー動向
    • 6.3 衝突被害軽減ブレーキの動向
    • 6.4 ACCの動向
    • 6.5 LKAS(Lane Keep Assist System)の動向
    • 6.6 夜間前方視界支援装置の動向
    • 6.7 予防安全性能アセスメントの概要
    • 6.8 自律型安全運転支援システムの普及に向けた課題
  • 第7章 自動走行の動向
    • 7.1 自動走行の定義
    • 7.2 レベル3以上の自動運転での技術的課題
    • 7.3 自動走行システムにおけるHMI
    • 7.4 自動運転における非技術的課題
    • 7.5 自動走行に関する国内動向
    • 7.6 欧州における自動走行システムの動向
    • 7.7 米国の自動走行システムの動向
    • 7.8 海外のOEM等における自動走行システム開発動向
  • 第8章 カーシェアリング
    • 8.1 国内のカーシェアリング市場の動向
    • 8.2 普及に向けた具体的な取り組み
    • 8.3 普及に向けた課題整理
  • 第9章 自動車をめぐるセキュリティの動向
    • 9.1 背景
    • 9.2 自動車セキュリティ概要
    • 9.3 自動車関連セキュリティに関する世界の取り組み状況
  • 第10章 自動車用プローブ情報・ビッグデータ活用の動向
    • 10.1 ビッグデータとは
    • 10.2 ビッグデータ活用の現状
    • 10.3 プローブ情報・ビッグデータ活用に向けた政府の取り組み
    • 10.4 海外政府のビッグデータ関連の取り組み
    • 10.5 プローブ情報活用に向けた官民連携の取り組み
    • 10.6 プローブ情報を活用した自動車メーカーの取り組み
    • 10.7 プローブ情報活用に向けた企業の取り組み(自動車メーカーを除く)
    • 10.8 自動車ビッグデータ活用に向けたB to Bの取り組み
    • 10.9 海外のプローブ情報・自動車ビッグデータ活用の取り組み
    • 10.10 自動運転時代のビッグデータ関連のICT技術動向
    • 10.11 今後の発展に向けた課題
  • 第11章 終わりに(ITSの普及に向けて)

▲ページトップへ