DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

2017年度 一般公開開催報告

平成29年度(第58回)科学技術週間(4月16日~23日)に伴い、筑波研究学園都市内の研究機関が一般公開されました。
当研究所も4月22日に一般公開を開催し、1,493名の方にご来場いただきました。

開催の様子

自動運転評価拠点「Jtown」特異環境試験場見学

今年3月に完成したばかりの「特異環境試験場」を初公開しました。人工的に発生させた霧の中を歩いて道路標識を探すゲームを通して、霧の中での見難さを体験いただきました。


リモートパーキング・自動駐車デモ

自動車の最新技術を搭載したリモートパーキングを見学・体験いただきました。駐車が苦手な方でも、もう大丈夫!?

運転席に人が乗っていないのがわかるでしょうか?

 

燃料電池自動車(MIRAI)の同乗体験

燃料電池自動車の助手席および後部座席に同乗していただき、たくさんの方が燃料電池自動車を体感されました。


FCミニカーで燃料電池自動車について学ぼう!

燃料電池自動車の構造について楽しく学ぶ、FC(Fuel cell: 燃料電池)ミニカーの走行体験を開催しました。水素と空気中の酸素で発電しながら走るFCミニカーを夢中になって目で追いかけるお子さんたちの様子が見られました。


燃料電池自動車、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車の展示

燃料電池自動車、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車を並べて展示・説明することで、各々を比較しながら理解していただきました。


大型シャシダイナモの見学

実車を設置した大型シャシダイナモにおいて、排ガス試験の模様を見学いただきました。
また、エネルギ・環境研究部で進めている研究内容(健康影響、自動車排出ガス分析、エンジン燃焼解析、大気シミュレーション、交通騒音)のパネル展示や音の可聴域体験などを行いました。


シートベルトの効果体験

人気のシートベルト効果体験です。今年度は茨城県交通安全協会様のご協力により、時速6kmの衝撃体験でシートベルトの重要さを実感していただきました。


昔のテストコース跡地を見てみよう

知る人ぞ知る、「あの」谷田部のテストコースの一部(メモリアルバンク)を公開しました。
バンクとはハンドルを曲げずにコーナーを曲がれるよう、道路を傾けた部分のことを言います。最大35°傾いた道路に、皆さん驚いていました。


200キロで走行!記念写真

JARIテストコースのバンク(傾いた道路;前項参照)を時速200キロで運転しているかのような記念写真が撮れる企画です。
皆さん、大喜びで撮影をされていました。


こんな風に座って... パネルと同じ傾きで撮影すると、バンクを走っているかのような写真になります!


完成イメージ

JARIクルマの教室:運転手は「見た?(見てない…)」のひみつ


実車を使った、人気の交通安全教室です。通称マイケル・谷田部先生(JARI職員)と一緒に学びます。


運転手さんの目の位置に置いたカメラの映像を見ながら、どこにいたら自分達が見えているか(いないのか)を確認したり、


反射材はどこにつけると効果的か、実際にクルマのヘッドランプを照らしてチェックしました。

  • 運転手さんの「目」が見えない時は、運転手さんからも自分が見えてない!
  • クルマのライトは普通ロービームのため、反射材は、下の方に付けた方がより効果的!

の2つのポイントを勉強しました。


JARIクルマの教室:馬力のひみつ「キミの馬力は何馬力?!」

「体重」と「階段を上る時間」から馬力を計算、体験者には「馬力認定証」が発行されました。


JARIクルマの教室:飲酒運転のひみつ「酔っ払ってみよう!」

「飲酒状態体験ゴーグル」を使って、酔っ払った状態を疑似体験しました。

・・・まっすぐ歩けない~
酔っ払い状態がどんなに危険かわかったお友達は、おうちの人にも「飲酒運転は絶対だめ!」と教えてあげてくださいね。

『ケロゾウくん』登場!

今年も茨城県交通安全協会のイメージキャラクター『ケロゾウくん』が来てくれました。
『ケロゾウくん』が配ってくれた反射材をつけて、運転手さんに自分の存在をしっかりアピール!


JARIのお宝写真パネル

JARIの正面で万博が開催された時(30年前)と今との比較など、JARIを含む苅間地区の歴史がわかるお宝写真を公開しました。
多くの方が足を止めて興味深く見入っていました。

オリジナルペーパクラフト&塗り絵コーナー

谷田部の(旧JARI)テストコースに管制塔を加えたJAIRオリジナルペーパクラフトを配布しました。特徴的なバンクが再現されています。

こちらの塗り絵、実はペーパークラフトになっています。


消防車両展示

つくば市消防署から、指揮車・支援車・救急普及啓発広報車・救助工作車(レスキュー車)・はしご車の5種類の消防・救急車両が今年も出動!
伸びたはしごに歓声があがっていました。
多くの方が足を止めて興味深く見入っていました。


防火衣を着ての記念写真も大人気!

ITARDA(交通事故総合分析センター)紹介

交通事故の調査研究・分析を行う研究機関である公益財団法人 交通事故総合分析センター(略称:ITARDA<イタルダ>)、そのつくば交通事故調査事務所がJARIの敷地内にあります。
パネル展示、ビデオ説明の他、調査用緊急車両の試乗体験コーナーがありました。
さらに今年ははじめてオリジナルの塗り絵のコーナーが設けられ、好評を得ました。

ワクワク★スタンプラリー

みんな大好き、スタンプラリー! 広いJARI内をぐるりと一周して、8カ所のスタンプを集めます。大人も子供も楽しそうに集めていました。

EMAEMAカー

2015年はシールを貼ってDECODECOカー、2016年はデコレーションボールを貼ってMOKOMOKOカーに。
今年は皆さんに交通安全宣言の絵馬を飾ってもらい、EMAEMAカーに変身しました。

「交通安全宣言絵馬」がたくさん!

キッズコーナー

お子様連れのご来場者向けに、キッズコーナ-/ベビーカー置き場を設置しました。


JARIグルメストリート(やきそば、カレー&豚汁、ピッツァ、たいやき)

毎年恒例、お昼時には長蛇の列をつくる、JARI模擬店の名物「やきそば」です。

昨年に続き、「カレー&豚汁」のお店も出店、こちらも盛況でした。

「ポルフェピッツア」さんも出店いただきました。本格釜焼きピッツアはもちろん、フランクフルト・ピラフ・パスタ・ムースなども提供していただきました。

「たいやき月光や」さんは今回初出店。
ベーシックなつぶあん入りから、キーマカレー入りまで、いろいろなたい焼きを提供していただきました。

焼き上がりを待つ列


当日、足を運んでくださった皆様ありがとうございました。職員一同よりお礼を申し上げます。

皆さまからいただきましたアンケート内容を踏まえて、来年も皆さまへ自動車研究所をよりご理解いただけるイベントを開催する予定ですので、よろしくお願いします。

▲ページトップへ