DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

品質方針、品質目標

2000年12月にISO9001認証取得

2000年12月にISO9001認証取得し、その趣旨にのっとって研究成果を提供することを目指しています。

1.品質方針

品質方針

  • JARIビジョンにのっとり、クルマ社会に貢献する。
  • 品質マネジメントシステムのプロセスの有効性を
    維持・改善する。

2.品質目標

  • 取り組むべき品質活動の目的、目標の枠組みとして“企画、試験、判断、費用、納期”を与える。
  • 所員一人一人は、品質目標の枠組みにあてはまる目的、目標を持って、自己の業務に取り組む。
  • 目的、目標を持つことの大切さ、当該品質目標の枠組みを設定した意図は次の点にある。
    1. 目的、目標を持って仕事を達成することが自己の知識と技能を実証したことの力量の証明であり、目的、目標の指標なくして自己の能力を測り知ることはできない。
    2. “企画する、調査し試みる、判断する、コスト認識を持つ、期限を守る。”ことが当研究所の仕事の行動規範であり、すべての所員一人一人の仕事にあてはまることである。

3.品質目標の達成とは

  • 計画された研究成果品の達成
    お客様の要求事項を確認し、研究成果品の目的、目標の程度、または目標値を明らかにした計画をお客様に提示し、約束した計画を満足する研究成果品をお客様に提供する。
  • 計画された品質マネジメントシステムの達成
    お客様の満足度ならびに品質マネジメントシステムの適合性、有効性を調査し、年度の重点実施項目の目的、目標の程度、または目標値を明らかにした計画を立て、品質マネジメントシステムを継続的に改善する。

4.当研究所の品質マネジメントシステム

  • ISO9001の規格要求事項を適用し、品質方針を確固たるものにする。
  • ISO9001および関連の規格要求事項を満足するこの品質マニュアルを承認し、所員一人一人に理解させ、実行させ維持させる。なお、当研究所の品質マネジメントシステムの統括的管理に適した組織の管理者の中から品質管理責任者を任命し、システムの確立、実行、維持に関する責任を持たせ、権限を与える。ただし、品質管理責任者が解決できない当研究所の品質マネジメントシステムの問題は、私が最終的に決断を下す。

一般財団法人 日本自動車研究所
2012年7月19日

▲ページトップへ