DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

次世代育成支援対策推進法による行動計画


職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての職員がその能力を発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間  2015年4月1日から2020年3月31日までの5年間

2. 内 容

目標1:育児・介護のための相談窓口を設け、育児・介護に関する各種制度の周知や情報提供を行う

< 対 策 >

  • 2015年4月~ 相談窓口の設置について検討、法に基づく諸制度、所内制度の整理
  • 2015年9月~ 相談員の研修、周知及び情報提供方法について検討
  • 2016年4月~ 相談窓口の設置について職員への周知、情報提供を開始

目標2:年次有給休暇の取得日数を1人当り年間平均14日以上とする

< 対 策 >

  • 2015年4月~ 年次有給休暇の取得促進のための取組み検討の開始
  • 2015年5月~ 所内通達及び部室長会議を通して、休暇取得を推進

目標3:ノー残業デーを設定、実施し、ワークライフバランスを推進させる

< 対 策 >

  • 2015年4月~ 各部署において検討開始
  • 2015年4月~ ノー残業デーの実施

以上

▲ページトップへ